福島県の賃貸

福島県は、東日本大震災で酷い被害を受けました。

大震災の影響で、多くの人が離れてしまいましたが、震災に負けずに福島を盛り上げようとする住民の方々が多く居ます。

その中でも、商店街が人々に活気を与え、福島を盛り上げようと活動しています。

その商店街は福島県商店街復興組合連合会です。

人と人、笑顔が行き交う商店街(まち)づくりがテーマとなっている商店街です。

福島県の商店街は、福島市、二本松市、郡山市、須賀川市、白河市、会津若松市、喜多方市、相馬市、原町市にあり、その市の中にいくつかの商店街が点在しています。

各商店街では、定期的に商店街でのイベントを行っており、イベントの内容はその市特有のモノで行なわれています。

例えば、相馬市では相馬野馬追というイベントが行われています。

古き良き、相馬市での伝統行事です。

どれも、市、県、住民に活気を与えるイベントで、人々に笑顔を与えています。

イベントのない日でも、商店街活動については、テーマに基づいた人と人との交流の場としての役割を担っています。

福島県に限らず、今は高齢化社会になっています。

福島も同じく、高齢者が増えています。

このような努力が実り、より一層人との繋がりが大事になってきます。

商店街での人と人との交流は、お年寄りの住民の方にとっても、とても重要な役割を果たしています。

商店街は、単に物を売る場ではなく、コミュニケーションの場でもあるということです。

Studio7designs